緊張と緩和

ギターとかジャズとか格闘技とか

今月読んだ本(2018年3月)

2月にはいってすぐに仕事が忙しくなって3末まで毎日仕事する毎日です。毎日終電まで働く日々を過ごしてます。 本を読む時間も取れなくて今月読んだのはこの1冊。赤めだか (扶桑社文庫)作者: 立川談春出版社/メーカー: 扶桑社発売日: 2015/11/20メディア: 文…

今月読んだ本(2018年2月)

今月はこんな本を読みました。会社を変える分析の力 (講談社現代新書)作者: 河本薫出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/07/18メディア: 新書この商品を含むブログ (13件) を見る分析という仕事に対する責任や気持ちの持ちようが丁寧にかかれてます。 正確な…

今月読んだ本(2018年1月)

今月はこんな本を読んだ。 という記録を残していくことで自分の読書へのモチベーションを上げていこうと思っています。モチベーションアップによって読書量を大幅アップさせることが狙いです。 とはいえ、 オススメ記事的なことや評論家ズラした書評みたいな…

無窮動トレーニングをはじめてみた

教則本を買いました。ギター無窮動(むきゅうどう)トレーニング 効果絶大のノンストップ練習(CD付) (Guitar Magazine)作者: 道下和彦出版社/メーカー: リットーミュージック発売日: 2014/08/25メディア: 楽譜この商品を含むブログを見る有名な教則本ですね。…

音楽理論を知るために読んだ本

こんな本を読んだら音楽理論を知ることが出来たよ、というお話しです。とはいえ、僕もまだまだ勉強中なので、音楽理論については初歩的な知識しか持ってないのですが。 それでも、音楽理論を知ってると音楽聞くのが楽しくなります。 演奏しない人にも音楽理…

「VOICE OF BLUE 舞台上で繰り広げられた真実のジャズ史をたどる旅」を読んだ

おもしろかったです。VOICE OF BLUE 舞台上で繰り広げられた真実のジャズ史をたどる旅作者: 高内春彦出版社/メーカー: リットーミュージック発売日: 2017/04/20メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 「ミュージシャンの視点からジャ…

技術について知ること

最近こういう本を読みました。人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)作者: 松尾豊出版社/メーカー: KADOKAWA/中経出版発売日: 2015/03/11メディア: 単行本この商品を含むブログ (32件) を見る歴史について、背景につい…

ジャズ漫画「BLUE GIANT」がおもしろかった

連載でときどき読んでたのですが先日単行本を8冊まとめ買いして読みました。 おもしろいですね。これ読むと演奏のモチベーションがグイグイ上がります。 漫画なので音は出てこないですが漫画のコマから音楽が聞こえます。サックスがブローしてシンバルが鳴っ…

「VTJ前夜の中井祐樹」を読んだ

格闘技やってる人にはぜひおすすめしたい本です。VTJ前夜の中井祐樹作者: 増田俊也出版社/メーカー: イースト・プレス発売日: 2015/11/06メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る3つ短編が収められてますがとくに表題作の「VTJ前夜の中井祐樹」がとく…

Kindle Unlimitedで読めるギター関連の本

月額980円で書籍読み放題の定額制サービス「Kindle Unlimited」がサービス開始されましたが、ギター関連の書籍も読み放題の対象になってます。 特にギター・マガジンのムック本が多くてありがたいです。 (新刊まで読み放題対象になってるのはちょっと申し訳…

「ポスト資本主義 科学・人間・社会の未来」を読んだ

去年くらいから資本主義に関する本が書店で平積みされてるのをよく見ます。社会の仕組みがそろそろ限界なのでは?という不安を多くの人が持ってるんでしょうね。僕もこの1年で資本主義関連の本を何冊か読みました。『資本主義の終焉と歴史の危機』、『21世紀…

「東京大学のアルバート・アイラー―東大ジャズ講義録・歴史編」を読んだ

だいぶ前に出た本ですが読みました。 東京大学のアルバート・アイラー―東大ジャズ講義録・歴史編 (文春文庫) 作者: 菊地成孔,大谷能生 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2009/03/10 メディア: 文庫 購入: 12人 クリック: 44回 この商品を含むブログ (58件)…