読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緊張と緩和

ギターとかジャズとか格闘技とか

今月聞いた新譜

今月と言うか10月に聞いたもの。
例によってリリースされて半年未満のものは新譜という括りで。

デイ・ブレイクス(通常盤)

デイ・ブレイクス(通常盤)

ノラ・ジョーンズ『Day Breaks』
この人のアルバムは1stはよく聞いたけど2ndはあんまり印象になくてそれ以降は聞いてなかったです。
今作はひさしぶりのピアノジャズ回帰らしい(というか2作目以降ってピアノジャズじゃなかったのか、、、)。
全体的にレイドバックです。音も楽曲も。
ホレス・シルバーの曲やデューク・エリントンの曲やニール・ヤングの曲もありそれをサラリとやってます。
ピアノが良いですね。歌は丸くなったなあという印象。




Wisdom of Elders [帯解説 / 国内盤] (BRC529)

Wisdom of Elders [帯解説 / 国内盤] (BRC529)

  • アーティスト: SHABAKA AND THE ANCESTORS,シャバカ・アンド・ジ・アンセスターズ
  • 出版社/メーカー: BEAT RECORDS / BROWNSWOOD RECORDINGS
  • 発売日: 2016/09/16
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
シャバカ・アンド・ジ・アンセスターズ『WISDOM OF ELDERS』
うーコレは良いです良かったです。
シャバカ・ハッチングスという人がサックス奏者ということしか知らないのですが映像探したらありました。


Shabaka and the Ancestors - The Wisdom of Elders (Trailer)

若い。
カマシ・ワシントンと比較されてるようですが(検索するとそんな紹介文が目につく)、こちらのほうが圧倒的にダークです。
暗い部屋でひとりで聞いてどこまでも深く吸い込まれたいです。




ジグザガー

ジグザガー

黒田卓也『Zigzagger』
ファンクですね。ざっくりとしたファンクで分かりやすい。



アイライン

アイライン

エレクトリックリボン『アイライン』
ポップですね。分かりやすさ、覚えやすさ、サビの盛り上げのバランスが好きです。よくある展開をどうやって印象つけるかがアイドル曲の見せ所ですね。





10月はブラッド・メルドーとマーク・ターナーばかり聞いてた1カ月だった。
マーク・ターナーECMから15年ぶりのリーダー作が出たので早く聞きたい。


Mark Turner Quartet at the Chicago Jazz Festival