緊張と緩和

ギターとかジャズとか格闘技とか

中牟礼貞則 84歳のお誕生日ライブ@新宿PIT INN

3月15日(水)に行ってきました。

f:id:tomohironozima:20170316113336j:plain


去年も一昨年も見に行った中牟礼さんのお誕生日ライブ。会議が入ってたのであきらめてたのですが、リスケになったのでダッシュで丸ノ内線に乗って新宿三丁目へ。

中牟礼さん以外のメンバーが登場しまずは
スタンダード中心に演奏するとのことで「Some Day My Prince Will Come」からライブスタート。
浅利史花さんをはじめて見ました。ギターの音色がすばらしいですね。

そして中牟礼さん登場。
今日もP-90フロント一発のES-175です。渋い。

1stセットでの「アマポーラ」が素晴らしくてもうコレ聞けただけで「今日は来てよかった」と思いました。というか「音楽好きでよかった」と思いました。最高です。うっとりしました。たまたま先週にこんな記事を見てたので演奏聞きながら中牟礼さんの音楽の足跡に想いを馳せてしまいグッときました。

中牟礼貞則インタビュー ~『We Love MURE san』 - JJazz.Net blog


休憩を挟んで2ndセットは浅利史花さんとのギターデュオで「Body and Soul」。
何と年の差61歳のデュオです。中牟礼さんのバッキングがキマリまくりです。うーん、これは家に帰ってから練習したい。
2ndセットは「黒いオルフェ」「Beatiful Love」が印象に残ってます。2曲とも好きな曲です。
あっという間の2時間半でした。

他に印象に残ったのは、

  • 石若駿さんのドラムの表現力はすばらしい。聞き入ってしまう。ピアノみたいなドラム。
  • 金澤さんと吉野さん2人のウッドベースのソロすばらしい。ステージにウッドベースが2人並ぶってなかなか見られないので貴重なものを見させてもらった。
  • ピーンと張り詰めた緊張感があるライブもいいけど、こんなあたたかいライブとても良い。ホームパーティーみたい。
  • 演奏者のみなさんがとてもたのしそう。見ててたのしい。

来年の85歳のライブもぜひ行きたいと思います。